BLOG

twitter@I_am_suzy

v( ´ ▽ ` )v

久々に自分のブログを書きました。

 

誤解されたくないので冒頭に書きますが、これはネガではなくて、どうしても起こり得る課題を自分の中でどのように消化しようかな〜と考えてみました、という話です。

 

 

現在私の在籍する会社はとてもありがたいことに事業・人員ともに急拡大をしています。「スタートアップ30人・50人の壁」という様式美のような事象も他人事ではなく、人員が増えたことによる悩みも顕在化しているところです。

 

人によりモチベーションや覚悟の度合いが違うこと(良し悪しではなくそれぞれ生活環境や経験が異なるという話)はもとより、何を正とするか、どのような意思決定や行動が評価される文化なのか、今の状態が良いのか悪いのか、業務の重さのコントラスト等々、各所で色々な意見を耳にするようになりました。

 

ミクロ的な幸せ(従業員それぞれの満足や成長)もマクロ的な幸せ(企業や業界の成長)も両方もちろん大切で、今ちょうどそのあたりがギシギシしている肌触りがあって、忍耐であったり、冷静に俯瞰して物事を見る余裕を自らつくりだすことであったり、試される場面が多いなあと感じています。

 

自分がそういう時に思い出すのはやはり入社を決める時に考えていたことで、今この事業に携われることの嬉しさであったり、自分が選んだ企業の成長過程や上層部の意思決定を内部で見られることであったり、以前のオフィスで描いていた将来のイメージであったり、今現在キリキリしている人から見たら悠長なことかもしれませんが、割と大切なことというか、そこを思い出さないでじゃあ何でお前はここにいるんだという感じなので、パソコンを見すぎて目が痛くなったら、遠くの景色を見るようにしています。渋谷の喧騒に疲れたら二子玉とかに行ったりするのと同じです。あまり行ったことはないですが.....(自分がキリキリしていないかというとそうではないですが、ここでは重要ではないので置いておくとします。)

 

 

企業としての優先順位はちゃんと経営陣が判断するし(任せるという過程ではなく信頼するという過程で)、それでも一度に全て着手できるわけではないし、それ以上に自分たちの想像が及ばないところまで考慮した上での判断が殆どだろうし、それでも不安や言いたいことがあれば近くにいるんだから自分から相談すればいいし、全部対応してくれるかといったらそれはまた別の話ですが、なんというか今後何年も何十年も(?)続いていくであろう会社の歴史を眺めて、今は何が企業の行動として大事だとされているのか日々の流れを見て、じゃあ次はどこに着手しようかなと自分なりに考えていく方が建設的だなと思っています。

 

もちろんそれどころじゃない人もいますし、その上でクリティカルとなるであろう課題や問題は然るべき人が把握しなければならないし、伝えなければ検討すらされないので、それなら黙っていないでさっさと言えばいいと思いま寿司、すぐに解決されるとは思いませんが、察してくれよと待っていたら多分永遠に気付かれないですし、言われないものはそんなに重要じゃないんだなと判断されることもあると思います。

 

ポジショントークという前提もありつつ、何でもかんでも言えば通るってものでもないですし、企業としての器がある以上、正誤判断は声を出した人だけがするものでもないですし、匙加減って難しいですねというのが最近のざっくりとした所感です。この辺に関しては書いてスッキリ自己満足なので、取り立て誰に賛同を得ても誰に酷評されても正直あまり興味はないです。

 

 

 

全ての課題や問題が一瞬で解決するわけではなく、じゃあ着手できないその期間はどのように過ごすのか、耐えながら次の一手をどこに打つのか、自分は何がどのようになれば満足なのか、考えたところで結論が出ない場合もありますが、目の前の事象に右往左往するだけでは物事が動いた時に受け身となってしまうと知っているので、自分はこういったことを意識するのが習慣となりました。文章にすると意識高いっぽくてヤバいですね.....。ヤバイTシャツ屋さん - 「ヤバみ」Music Video - YouTube

 

 

 

ムリヤリまとめると、待つだけじゃなくて、自分で戦略を考えて伏線や仕掛けを施して、それはすぐに効果は出ないかもしれないけど、手を動かし続けて頑張ろうねというのが私の大まかな結論です。

 

 

なんかだいぶ当たり前っぽいことになってしまいましたが、来週もがんばっていきたいと思います💪

 

 

おわり

 

スージー (@I_am_suzy) | Twitter